ご利用者の希望・経験と企業の
採用意図を合わせご縁をつなぐ

中村 真咲

Masaki Nakamura

新卒でスポーツメーカーへ、その後飲食業を経験し、現在の人材業界へ。メーカーでは営業経理、社長秘書、マーケティングを、飲食業では社長秘書兼マーケティング、人材業界では、人材紹介会社とリクルートキャリアコンサルティングの両方で、約10年間キャリアカウンセラーとして、お客様の転職、セカンドキャリアに向けてご支援をして参りました。休日は、散歩して美味しそうなお店を見つけること、週1回の水泳を健康の為に行っています。

印象に残っている支援結果

印象に残っている支援はたくさんありますが、その1つが「59歳男性・飲食業界で人事業務をされてきた方」のご支援です。
初めての面談では、「いつ頃までに」「ご自身が今後どうされたいか」「それはどうしてなのか」についてお話をじっくり伺いました。今までの経験を活かし人事の仕事が第一希望である事を確認し、その他諸条件や現在の市場観、採用側視点などをお話した上で、再就職活動の目標設定を行いました。
その後、幅広く応募活動をされる中で、企業への売り込み(採用の提案)をしてみてはどうかと思う求人を見つけました。雇用形態は異なるものの、企業の採用目的である改善に関わる職務内容が、この方の経験に合っていて、食に関わる業界でもあったのです。これはと思い、応募を提案してみた所、ご本人も興味をお持ちになり、求人開拓スタッフが企業に売り込みを行う事になりました。求人開拓スタッフが売込を行うと、企業側もこの方に興味を示し、その後面接にも進まれ、見事内定となりました。企業の採用ポイントとご利用者のマッチングから良いご縁が生まれたご支援でした。

皆さまへのメッセージ

再就職活動の主役は皆さまご自身です、そしてご自身が納得して決めることが大切です。皆さまがマラソンランナーならば、キャリアカウンセラーは伴走者です。皆さまが「どうしたいのか」「何がご不安なのか」、ぜひ伴走者であるキャリアカウンセラーにお話しください。それぞれの方のご意向に合わせ、市場観・企業側視点などお伝えし、皆さまに寄り添いながらご支援をしていきたいと思っています。お一人で活動するのではなく、キャリアカウンセラーが二人三脚で一緒に進めて参りますのでご安心ください。より良い活動になるよう、精一杯ご支援をさせて頂きたいと思っています。