お一人お一人を「より知る」事で「琴線にふれた提案」を!

銭谷 憲一

Kenichi Zeniya

大学卒業後、OA機器の販社で直販営業、自動車用品メーカーで人事総務、そして人材派遣業で営業及び営業管理の仕事を経験し、リクルートキャリアコンサルティングに入社しました。自分自身の転職を経験を活かし、人生の転機に関わる責任とやりがいを感じながらご利用者を全力でサポートしています。

わたしの強み

私の強みは、「求人提案力」だと思います。今までの営業経験で「相手を知る」ことの大切さを痛感しました。キャリアカウンセラーという仕事も本質は同じではないかと感じる部分があります。その方をよく知ることで、本人が気づかなかった仕事の提案ができたり、アドバイスがきっかけで再就職活動が活発になることがあります。こうした琴線に触れた提案によって、その方の目の色が変わる瞬間、気づきの瞬間を味わえること、そして、その後、生き生きと次のステージで活躍している話を聞くことが何より幸せです。
そのような理由もあり、私は「お一人お一人を知ることができる」面談が大好きなのです。 良い意味での緊張感をもって日々の面談をさせていただいています。

皆さまへのメッセージ

あくまでも再就職活動の主役は、ご利用者ご本人です。自分で納得して進路を決めることが大切です。我々キャリアカウンセラーは、その進路を決める「伴走者」にすぎません。皆さまをよく知る事で、より良い伴走者でありたいと思っています。
不安もあると思いますが一人で悩まないでください。カウンセラーに何でも話してください。聴く耳を持ったカウンセラーが皆さまを担当します。皆さまが積極的に再就職活動ができるように全力でサポートいたします。一緒にがんばりましょう。